【いぼ切除の基礎知識】最適な治療方法を知ろう

気になるイボを除去
カウンセリング

コンプレックスにお別れ

首いぼを切除したい場合、美容外科または皮膚科のどちらを選べばいいか、わからないかもしれません。この場合、それぞれの科で行われる手術のデメリットに注目していくと、自分が行くべき科を決めやすくなるでしょう。

もっと見る

鏡を見る人

患部の状態を分析しよう

加齢の影響で発現するいぼは美容機関や医療機関の設備があれば、簡単に切除できます。医師の診察を受ければいぼに隠された感染性の細胞を見つける事も可能で、それに合わせた切除方法も確立されているので相談してみましょう。

もっと見る

気づかない内にありました

医者

まずは相談しましょう

原因になるウイルスの種類によって発病するいぼには多くの種類があり、同時に様々な切除方法が確立されています。体の部分の中でも一番発病事例の多い首のいぼは老化によって発病する事も多いので、アンチエイジング目的で切除する方も多くいます。首にできるいぼにはアクロコルドンとスキンダックの代表的な二種類の物があります。アクロコルドンは大きさが3mm以下程度の物で平らな形状をしており、色も肌の色に近い物なので発見しにくい特徴があります。形状の影響でネックレスや衣服の襟でいぼを傷付けてしまう事例も多くあり、痒みがでてさらに症状を悪化させる事もあるので早急に医師による治療が必要です。早い人なら20台で発病する事例も報告され、放置すると30台から中年以降にかけて増えてしまう可能性もあるので必ず医師に相談しましょう。また年齢の他にも体内環境で発病を促進させてしまう事例もあり、女性を中心に肥満体質の方にも発病事例が多く報告されています。中でも太ももの付け根や目蓋の下等肌の柔らかい部分での発病が多く、デリケートな部分でもあるので適切な方法で切除する必要性があります。ただし切除方法はいぼの中でも簡単で、医師の適切な判断であればハサミで行う事もでき、痛みも少ないので麻酔を施す必要性もありません。大きくなってしまった場合も冷凍療法でピンセットや綿棒でも切除できるので、いぼが気になってきた方は医師の元での治療をお勧めします。次にスキンダッグですがこちらは汗をかく場所に多発する傾向が強く、アクロコルドンと違い色の濃いいぼができます。また先端が平らではなく素人ではほくろと誤診する事も多いので、発病後は医師の元で切除する事を強くお勧めします。小さければ医師の判断でハサミによる切除もできますが、大きい場合は炭酸ガスを含めた冷凍療法が最適な治療方法として有名です。炭酸ガスを使った治療方法は痛みや出血も少なく、切除痕も綺麗なので発病の目立つ顔への治療方法としてお勧めです。さらに治療費用が心配な方は冷凍療法に液体窒素を使った方法もあり、こちらは健康保険適用内での費用で受診できるので多くの人にお勧めできます。これら二つの症状は切除後のケアも重要で、医師に相談すれば肌のターンオーバーを最適化する薬も処方してもらえるので、再発の心配もあります。特に医師が処方する肌の乾燥を防ぐ保湿クリームは専門機関ならではの処方なので、美容効果も高く多くの人に愛用されています。

女性

治療に時間のかかることも

顔に出来てしまったいぼ、非常にやっかいなものになってしまうのでしょう。ですが切除には、医師の力が必要になることが多く、費用も莫大になってしまうことも考えられます。皮膚科、美容外科等に通う前、キチンとカウンセリグを受けることをお薦めします。

もっと見る

ナース

術後の綺麗な体に感激

国内には受診する機関によって、様々ないぼ切除方法を受診できるような体制が存在しています。中には健康保険内で受診できる方法や機械的な施術を採用し、効率的に切除できる方法もあるので、どの方法が最適か医師に相談してください。

もっと見る