【いぼ切除の基礎知識】最適な治療方法を知ろう

水着の人

患部の状態を分析しよう

鏡を見る人

小さな可能性も徹底除去

年齢が中高年に差し掛かると多くの人は首元にいぼが発生するので、美容のためにも専門機関での切除をお勧めします。アクロコルドンと呼ばれている首のいぼは非感染性なので害はありませんが、超低温等の局地的な状況下でなければ細胞が脱落しません。よって液体窒素による冷凍療法が昔から確立され、多くの人の首いぼの切除に成功しています。冷凍療法をすると3分も経過せずに患部の細胞は脱落し、残りを医療用ハサミを使って医師が切除していけば完全に無くなります。冷凍療法が人気の理由は健康保険の適用が受けられる事で、いぼ切除の中では最も安く施術を受けられます。多くのクリニックには冷凍療法ができる体制が整っているので、技術的な差もほとんどなく施術結果のクオリティも高い点が特徴として挙げられます。また痛みのない施術を望むならばモノクロロ硫酸を使用した方法が確立されているので、医師に相談してください。施術後に脱落しかけた細胞をハサミで切除する点は同じですが、お子さんにも施せる程の刺激のない方法なので、痛覚が敏感な人でも受診できます。医師の診察で以上の方法が採用できないと判断された場合は、炭酸ガスレーザーを使用します。レーザーの出力は患部によって変更できるので、複数のいぼや大きないぼも簡単に切除していける事が利用範囲拡大の要因になっています。術痕のケアは時間を掛けて行うタイプで、凡そ1か月の間医師の手によるケアを受ければいぼの無い綺麗な皮膚になります。費用は患部の大きさによって違い、安い施術プランなら2万円前後で受けられるので、医師の元で最適な方法の分析結果を聞いてください。切除の汎用性という点では、医療用メスを使った方法も人気切除プランとして有名です。医療用メスを使った方法は美容クリニックだけでなく、一般の病院でも施術を受診でき患部の大きさを問わず施術方法として採用できます。同じメスでも電気メスと医療用メスを使った方法があり、電気メスならば細胞を焼失させる形での切除ができます。そのため感染性の高いいぼの治療にも頻繁に使われる事が多く、安全性の高い方法としての認知度も高くなっています。細胞の焼失は再発を絶対的に防ぐ事もできるので、医師に自分のいぼが感染性か否かを分析してもらった上での受診がお勧めです。また水いぼの場合は施術後に患部を覆う等専門的なケアが必要なので、必ず医師の施術と判断を仰いでください。尚電気メスではある程度患部が大きい場合は、医療用メスと同様に皮膚を切開する事も可能な上に術痕が綺麗なので、多くの施術事例で採用されています。