【いぼ切除の基礎知識】最適な治療方法を知ろう

水着の人

術後の綺麗な体に感激

ナース

受診する整形法の違いとは

美容整形を皮膚科で受診するのか、美容整形科で受診するのかでいぼの切除方法はに違いがあります。皮膚科で切除を行うメリットは保険診療内の医療技術を使うため、費用が極端に安い利点が特徴としてあります。その代表的な切除方法が液体窒素を使った方法で、費用が安価なだけでなく古くから使用されているいぼ方法なので、高い信頼性が特徴的です。いぼが皮膚深くまで根付いている場合は、複数回に分けて液体窒素をいぼに付着させる事例もあるため、切除方法として汎用性に優れています。そのためウイルス性のいぼに対して絶大な効果を発揮する事が多く、他の部位への感染も防げるので技術的な安全性も保障されています。液体窒素を使用しますが、医師の手で綿棒に染み込ませて使うので極端に痛みを感じる事が少ない方法です。また液体窒素使用後は、医療用のハサミやメスを使って残った患部を綺麗に切除するので、術痕も目立ちません。しかし診察結果によっては効果がない場合もあるので、グルタルアルデヒド療法でいぼ切除を行う可能性があります。グルタルアルデヒドは皮膚組織を剥離除去するための消毒液で、いぼの種類によってはより効率的な切除を行えます。保険診療外の治療ですがそれほど費用が高額にならないので、液体窒素の使用の可不可と合わせて相談する事例が多く報告されています。また保険適用内でも患部の大きさによっては、メスを使った施術が受けられる事例もあります。治療名目が病理検査なので、皮下組織に根付いているいぼでなければメスで確実な除去を医師に依頼するのも一つの方法です。次に美容整形科で受診できる施術ですが、こちらは機材を使った方法が多く採用されている特徴があります。電気焼灼法がメジャーな方法で、電気メスを使い5mm以下の患部を完全に焼失できる性能を保持しています。焼失させる方法ならば皮膚を切開する必要もないので、術痕を少しも残したくない方は受診の相談を強くお勧めします。診断結果で焼失よりも切開による切除が最適と判断された場合は、電気メスで医療用メスと同様に皮膚の切開も行えるので、こちらの受診もお勧めです。尚電気メスで切開した時も焼失させた時同様に出血がないので、ダウンタイムを短期間に済ませられるメリットがあります。電気メスを使った施術ができる機関は、レーザー療法によるいぼ切除もできる可能性があるのでこちらもお勧めです。レーザー療法はウイルス性だけでなく老化で出現するいぼの切除も綺麗にできるので、美容整形科の代表的技術として有名です。最近ではレーザーの出力を変えて敏感肌の方への施術体制が整っているため、多くの施術希望者の人気を獲得しています。