【いぼ切除の基礎知識】最適な治療方法を知ろう

水着の人

コンプレックスにお別れ

カウンセリング

どの科を選ぶべきか

人生をたくさん生きていると、いぼが首にできる方もいるでしょう。そのいぼを気にしてしまい、病院で早く切除したいと考えることもあるかもしれません。そこで、首いぼの切除手術ですが、どの科を利用すればいいかというと、美容外科もしくは皮膚科になります。しかし、美容外科と皮膚科のどちらを利用するのが正しいのか、困惑する方もいるでしょう。その際には、両方の特徴を理解することが重要です。まずは皮膚科ですが、いぼを取る上でどんなやり方でも、現在のいぼの具合に最も適切な切除方法を選びます。あとは、炭酸ガスレーザーに関しては保険が通用しないため、患者の意見を耳に入れた上で、切除方法を定めるケースがあります。美容外科については、肌を美しい状態に仕上げることを目的としています。ですので、美しい肌を大事にしながら治療できることからも、炭酸ガスレーザーのみを取り扱うクリニックがあるほどです。健康保険が利用できないことは予め言われますが、そのいぼにぴったりな切除方法が、その手術以外には選べない場合は、別のクリニックを選ばなければなりません。それと、首のいぼがある場合、どの科を選ぶかですが、手術を受けた後にどんな状態を望んでいるかに合わせ、選ぶとよいでしょう。もし、決められず先へ進めない方がいましたら、美容外科と皮膚科それぞれの切除方法の、メリット以外に意識することが大事です。皮膚科の切除方法は、適切なやり方を選んでいくので、ハサミや液体窒素を用いて施術を行います。これにより、傷跡が多少残ることもあるかもしれません。美容外科においては、一種類の切除方法だけを取り入れているケースがあります。また、知り合いに美容外科に通っている姿を目撃され、整形したことが見つかる可能性があるかもしれません。治療時間に関しては、美容外科も皮膚科もしばらく時間を費やすことになるでしょう。仮に、炭酸ガスレーザーであっても、赤みが落ち着くのには、およそ半年近くかかるとされています。そして、手術を終えた後は、クリニックに何度か足を運ぶ必要があるため、会社に勤務する方であれば、場合によっては休みをとることもあるでしょう。ただ、土曜日も営業しているところもありますが、予約を取るのが難しいという場合もあるのです。治療費ですが、美容外科も皮膚科もやや高くなる傾向があり、炭酸ガスレーザーにおいては50000円弱、それ以外の治療でも5000円近くは費用が生じます。以上のことからも、首いぼの手術を考えるのであれば、メリット以外をチェックすることで、自身がどの科を選ぶべきかわかるでしょう。